ファッション専門学校 > アントワープの6人

『アントワープの6人(the Antwerp Six)』

アントワープ王立芸術アカデミーが注目されたきっかけ…

今や伝説となっている「アントワープの6人」にマルタン・マルジェラ。かれらは90年代に新しいモードの波としてファッション業界を席巻する。

1985年、アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科を卒業した学生6人が、作品をバン1台に積み込んでロンドンファッションウィークの「ブリティッシュ・デザイナーズ・ショー(展示会)」に参加したところからはじまる。

きっかけは当時ベルギー政府がモードの活性化のために企画したことで、若いデザイナーの創造性と生産工場を結びつけることを目的としたコンクールにグループで参加していたことだった。そのコンクールにはマルタン・マルジェラと後のアントワープの6人と言われるメンバーの7人で参加。コンクールは3回続いたが、あまりいい結果は生まれなかった。ドリス・ヴァン・ノッテンは当時を振り返り「靴まで完璧なコレクションだったが、スポンサーはつかないし、工場も商品化を考えてくれない不満の残るものだった」と語る。アントワープのストリート ファッション情報

結局その間、マルタン・マルジェラはジャン・ポール・ゴルチエに就職が決まりメンバーから抜けることになり、メンバーは6人となる。

その後85年、86年と2回にわたってロンドンのファッションウィークに6人のメンバーで参加。6人合同でショーを開き、それをマスコミが取材したことでアントワープのファッションに注目が集まる。

これは世界中で「アントワープの6人(the Antwerp Six)」と称えられ、以来「アントワープ」がファッション業界で脚光を浴びることとなった。ちなみに「アントワープの6人」と呼ばれた由縁であるが、これは6人の名前が外国人には呼びにくく、覚えてもらうのが難しかったため「アントワープの6人」とまとめて呼ばれたもの。注目は集めたものの、実際には商品化の依頼が殺到したわけではなかった。

しかし、ロンドンでのコレクションを機にドリス・ヴァン・ノッテンはメンズ、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクはニット、ダーク・ビッケンバーグは靴など工場とコンタクトを取るようになり、それぞれその分野からデビューしていくことになる。彼らがそれぞれ別の分野でデビューしたのは意図的なものではなく、その分野からしか取引がなかったからだった。

しかし、それぞれのデザイナーは徐々に実力が認められ世界中の有名ショップ(ブティック)からオーダーを受けるようになり、90年代に新しいモードの波として彼らを中心としたアントワープ出身のデザイナーがパリモードを席巻することとなる。

『アントワープの6人』

ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)
アン・ドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)
マリナ・イー(Marina Yee)
ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)
ダーク・ヴァン・セーヌ(Dirk Van Saene)
ダーク・ビッケンバーグ(Dirk Bikkembergs)
※後にマリナ・イーがデザイナーを引退し、マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)を上記 5人と合わせて、「the Antwerp Six(アントワープの6人)」、あるいはマルタン・マルジェラを加えて「the Antwerp Seven(アントワープの7人)」呼ぶようになった。

サイト内のアントワープ関連ページ

アントワープ王立芸術アカデミー
アントワープの街並み